「子供の吃音(どもり)の種類と、それぞれの症状の例について」
の記事をご担当されるライターの方へ

 

いつもご協力いただきありがとうございます。

 

---------------------------------------------------
当記事を書く際は、以下のそれぞれの吃音(どもり)の種類について説明してください。
また、それぞれの症状について、具体的な例を1つ以上(1つでも可)をあげながら、説明をしてください。

 

子供の場合は、急激な言語発達の副産物として「発達性」の吃音として分類されます。
子供の場合は、主な症状は3つ。どれかにあてはまると吃音の可能性が高いです。

 

・連発型
・伸発型
・難発型

 

上記の3つの症状のほかに、以下のような症状もあります。

 

・随伴症状・・話すときに動いたり、跳ねたり、ジェスチャーによる体の動きを伴う症状
随伴症状、上記の3バターンに伴って一緒に現れることがある
・挿入
 話す前に「え一っと、あの―、そのー」などを挿入する
・助走
 言いやすい前置きの言葉をクッションにして話す。
 (助走時に顔や首を動かすような、随伴症状を伴うことも)

 

また、言葉を覚えるようになってくると、以下の症状も現れます。

 

・言葉の言い換え、置き換え
 言葉の順序を入れ替えたり、言いやすい言葉を選んで話す。

 

他にも
・中止
 言葉が出にくくなると、すべてを言わずに黙ってしまう

 

・回避
会話する場面から逃げる
→ これは放置してしまうと、社交不安障害(SAD)に発展してしまう恐れがあるため、注意が必要です。

 

上記の主な症状に加えて、他にもあるようでしたら、挙げていただいても結構です。
---------------------------------------------------

 

以上となります。
どうぞよろしくお願い致します。